子どもの育ちを支える

アースエイトの保育スタッフは、園児の性格や行動を注意深く見守りながら、適切な遊びの環境を用意します。

子どもの育ちは年齢だけでなく、その子の性格や発達段階によって異なります。体を育てることは、人間として成長していくうえで大切なことですが、同じ年齢の園児が一斉に同じ運動をするだけではなく、一人ひとりの園児の体の成長や能力、発達段階に合わせて個々に育てていくことが必要だと考えています。

もう一つ、当園が大切にしているのは、その子が好きなこと、得意なこと、やりたいことを存分にできる、夢中になれる環境とツールを用意してあげることです。

ごっこ遊びが好きな子もいれば、音に興味のある子や積み木が好きな子もいます。積み木が好きな子も、一人で作るのが好きな子、誰かと一緒に作るのが好きな子、人に作ってもらうのが好きな子とさまざまです。例えば、積み木が好きな子に、「集中力」を育てたいという家族の希望があれば、保育スタッフは積み木を使って集中力を育てる遊びの環境を準備します。

園児一人ひとりが自ら成長しようとする力を最大限に引き出せる環境をつくること。それがカスタマイズド保育を行う理由の一つです。

根拠のない自信を育てる

子どもには、遊びが上手にできたり、友達にやさしいときもあれば、おもちゃを取り合ってケンカをしたり、自我が育ってきて、わがままを言ってみたくなるときもあります。

当園では、そんな子どもたちの成長や育ちを、できることが多いから良い子、いたずらばかりするから悪い子などと考えたり、上手にできたかどうかで評価したり、子ども同士を比較したりすることは一切しません。

「あなたはあなたのままでいいんだよ」と、ありのままの子どもの姿を受け入れ、一人ひとりを尊重しながら、子どもたちと対話を続けていきます。 園児は、あるがままの自分を受け入れてもらえることを実感すると、自然と前向きになり、好きなことや得意なことに思いっきり取り組むようになります。

そして、できることが増えて自信が生まれ、得意分野の力がぐんぐん伸びていきます。 大人にほめられるからするのではなく、自分がやりたいから、納得するまでとことんやり遂げる力が身につきます。

その子のすべてをありのまま受け止め、根拠のない自信を育ててあげることがとても大切だと考えています。

カスタマイズド保育TOPに戻る
協賛企業
  • エール・コーポレーション
  • MARUMIYA GROUP
  • ミモレ農園