いのちに感謝する給食

  • 雨土のお恵みと、これをつくってくださった方々のご愛念に
    感謝して頂かせていただきます。
    この食べ物が私たちの体の中に入って、自他共にお役にたちますように。
    ありがとうございます。いただきます。

    これは、毎回、給食をいただく前に、全員で手を合わせて言う大切な言葉です。私たちは「いのちに感謝する給食」と呼んでいますが、食育の観点から、百姓屋敷わらの考え方をもとにマクロビオティックを取り入れ、栄養面だけでなく、命を育む地球を大切にし、食材や生産者に感謝する心を育てています。
    まず、お茶を飲むことから始め、例えば、野菜、魚、麺類というように、子どもが苦手とする料理から先に出しています。園児の健康を守るためです。
    そして、一番大事にしているのは、食べるときの楽しさ。みんなとおしゃべりをしながら、楽しく食べることです。苦手な野菜を食べられるようになるのは素晴らしいことですが、子どもが給食の時間を嫌いになるのは本意ではありません。お母さんに献立を見てもらい、絶対に食べられないと思われる場合は、お弁当をお願いしています。
    お昼寝の後には、おやつの時間があり、スタッフが工夫を凝らして毎日手作りしています。

協賛企業
  • エール・コーポレーション
  • MARUMIYA GROUP
  • ミモレ農園